前へ
次へ

本買取店の利用は鉄則

もう読まなくなった本は古紙回収に出してリサイクルさせ、新たにトイレットペーパーなどに生まれ変わってもらうという方法もありますが、本としてつくられた以上は、まだ十分に読むことができる状態であれば、まずは本買取店に持ち込むのが鉄則です。
自分にとっては不要になった本も、他の誰かにとっては探していた本になったり、読んでみたいと思ったりといった具合に、本としてまだまだ世の中の役に立てるからです。
本が好きで、その中から多くの知識を得たとしたら、単に紙で作られた不用品として処分するのではなく、また本として活躍できる本買取店に持ち込むのが本に対するレスペクトとも言えます。
自分が持っていた本からまた新たに知識を得る人が出てくれるなら、その本を選んだ自分自身もうれしいですし、本もまた喜んでいることでしょう。
本買取店には本好き達をつなぐという役割をも持っていると言えます。
もう読まないなと思ったら、本に感謝を込めて本買取店に持って行くのがオススメです。

Page Top